リュードルフィア特許事務所は、お客様一人一人に親身になって接することをモットーにしている特許事務所です。

ニュースレターNo.6 「特許請求の範囲に記載した用語 判例解説」

<概要>

今回は、判例、平成11年(ワ)第3942号 特許権侵害差止等請求事件について検討してみました。
この事件は、艶出し洗浄方法に関するものです。原告である特許権者が、被告製品 (艶出し洗浄剤) の製造販売が原告特許権の間接侵害を構成するとして差止等を求めたものです。
原告特許権 (特許第2137544号) の特許請求の範囲は下記の通りです。
「シリコンオイルに乳化剤を加えて水に分散させた基剤に、2wt%を超えない範囲で泡調整剤を配合してなるO/W型エマルジョンのスプレー型艶出し洗浄剤を、洗浄面に吹き付けて泡を発生させることにより、洗浄面に付着する汚れ等を浮き上がらせ、泡調整剤の作用で消泡して液状になると流下させることにより、拭き取りすることなく洗浄面を洗浄させるとともに、シリコンオイルで艶出しするようにしたことを特徴とする艶出し洗浄方法。」
争点は、「被告製品に、2wt%を超えない範囲で泡調整剤が配合されているか否か」と言う点にありました。
上記争点に関して、次の2点について争われました。
(1) 泡調整剤とは何か。
(2) 被告製品に含まれるEO付加物は泡調整剤か。
(2-1) 被告製品の組成
(2-2) 泡調整剤とHLB値との関係

リュードルフィア特許事務所「業務内容」のページに戻る



リュードルフィア特許事務所は化学関係を主体とした特許事務所です。